“おおね”について

運営方針

障がい者総合支援法に基づき、小学生から高校生までの障がいをもった方を対象に、日常生活に必要なスキルや将来の自立に向けた生活習慣の習得を支援(サポート)していきます。
お子様の笑顔がご家族の笑顔につながると考えています。

ご家族とのコミュニケーションを通じて、子どもたちとご家族に安らかな時間を提供できるように心がけていきます。
みんなで活動する時間も大切にしていきます。

ともだちホーム“おおね”

居心地良く、すごせる場所

居心地良く、すごせる場所をめざします。
「おおね」とは、大根の古名で、物事の根本という意味もあります。根性大根の様に逞しく生きていく力をつけてほしいという願いと、おおね「OONE」と書いて「0(ゼロ)」から「ONE(ワン)」と読みかえて、一つずつ、一歩ずつ、成長してほしいという、2つの願いを込めて命名しました。

ともだちホームOONE

ともだちホーム「おおね」のスタッフは、半数以上が教員免許を保有しています。
ベテランスタッフと若いスタッフが協力して、
子供たちひとりひとりの個性に合わせた支援(サポート)を目指します。

広々としたお部屋で、子供たちが自由に体を動かせます。
ワンフロアなので常にいろんな角度から、
複数のスタッフが子供たちの様子を見守れるので安心です。

車椅子での活動に備えて、施設の設備も充実しています。車での送迎も対応しています。また、車椅子の子供たち専用の日を設けることも可能です。
他の子供たちと車椅子との接触等の危険もありませんので安心です。
詳しくはお問い合わせください。

施設の見学・面談のお申込みはこちら

TEL 072-658-9295 受付時間:10:00~18:00